<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

オカメ家出事件の少し前、偶然母の所でも不思議なことがありました。

母は東京で一人暮らし、庭のお花に水やりしていたら、シュロの木に
なんと、何処からかオカメが飛んで来て、しばらくの間自宅で保護していたそう。
母も動物好きなので、餌やカゴを用意して、飼い主さんが見つかるまで、飼っていました。
その後、近所のペット屋さんに届け出たら、ネットを通し、
10日ほどしてから、無事飼い主さんが見つかったそうです。
話によると、他の鳥達と飛び回っていたのでしょうか、
少しはなれた場所でしたが、3週間くらい、家出していたみたいです。

そういえば子供の頃、家にはヤマガラやいろんな鳥が、何故か飛び込んで来たりしてました。
弱った鳥は怪我が治るまで保護したり、その為に土グモ等の生き餌をお寺の裏山で捕まえたり。
鳥達とは、何故か縁があるのです。
旦那は、そんな経験、一度も無いと言ってますが、
やっぱり私が酉年だからかな?

d0165420_13564694.jpg
  昨年、近所で見つけたカワセミ(5月頃、家から歩いて2〜3分の所に餌を食べに来ます。先日はつがい?2羽いたそう。)今年はまだ一度見かけただけです。
[PR]
話に出たラッキー君
動物病院の里親募集をみて、ウチに来ました。
賢い、ようできた子でした。
6~7歳ぐらいだったけど、元気いっぱい、娘の頼もしいお兄ちゃんでした。
d0165420_11173272.jpg

[PR]
パロを見つけてくれたGus君
今はいないのだけど、可愛かったです。
ポメダックスmix、4歳でウチに来ました。
日本から連れてった、スムースダックスのラッキーが亡くなり、その後
寂しくて、ダックスフントレスキューという愛護団体から引き取りました。
アメリカには、個人で運営している人もたくさんいて、デボラおばさんは15匹くらい
いろんなダックスの面倒見てました。

d0165420_8253124.jpg


ガス君可愛いのだけど、一癖あって、突然人のつま先を”カプっ”と噛みます。
興奮すると、軽いてんかんのように、口をカチカチならして、アワを吹きます。
一緒に暮らして行くうち、だんだん落ち着いて、症状はかなり減りました。
d0165420_8285831.jpg

[PR]
前回、パロのお話のつづき

晴れてうちの子になったパロは、家の中がケージ状態で、毎日家中をス〜イス〜イ飛んでいました。
初夏になり、、ある日アクシデントで、窓の隙間からあっという間に、お外に飛んで行ってしまいました。
私も、本人(本鳥?)も愕然!
外は広〜イ!周りは森と林で、家はぽつんぽつんとあります。
しかも、危険な動物がいっぱいです。
アライグマ、オポッサム、スカンク、鹿等
写真のは、裏庭に出たウッドチャック。

d0165420_745553.jpg


急いで探しに出ましたが、何処にもいなくて、呼んでも声も聞こえず、その日から夜も眠れませんでした。
友人ににケージを置いておけば、お腹をすかせて早朝戻ってくるかも、と教えてもらい、
毎日探し歩いて、ついに3日目、家の側の大きな木に、白っぽい物が何処からか飛んで来ました。
パロちゃん、お腹空いていたんでしょう、大好きなアワの穂めがけて降りてきました。
よくも無事で、ほんと、奇跡です!
100グラムあった体重は、70グラムに減ってました〜。

そんなわけで、出戻りパロちゃんは、あれから元気に暮らしています。
[PR]
最初に拾ったパロちゃんのお話(アメリカです)
秋の夕暮れ、Gus君(犬)と家の近くをお散歩中、林の道路脇にパロが落ちていました。
ワンコが発見して、クンクン!木の枝を差し出すと、枝から腕を伝って、肩へ登ってきました。
そのまま疲れていたらしく居眠り、飛んで行く様子もなく、お散歩を継続して家に帰りました。
近所のおじさんに会って、ビックリされた〜。
肩に鳥をとめて散歩してる人、普通いないよね。
怪我はしていなかったのだけど、だいぶ弱っていたみたい。
餌を買ってきてあげたら、黙々と食べてました。
あのまま放っておいたら、寒さと獣に襲われて、きっと生きてなかったと思うわ。

d0165420_16313833.jpg


その後、市役所や獣医さんに届け出て、飼い主探しを半年程しました。
3人くらいウチに見に来た人がいたのですが、違ったのです。
そして、晴れてうちの子になりました。

その後、パロちゃんの家出事件が起こりました。(つづく)
[PR]
ウチのワンぴよたちは、今は幸せな三食昼寝付きの暮らしですが、
それぞれに、いろんな過去を持っているのです。
一番新しいヒヨちゃんは、丁度一年前、自宅そばの茂みで保護されました。
d0165420_11315125.jpg


お隣サンが、外で同じキンカチョウを何羽も飼っているから、もしかして逃げたのかな?
と思い聞いてみたけど、最近はいなくなってないというので、我が家の仲間入りしました。
♂は、もっと綺麗な模様があるのだけど、ヒヨちゃんは♀だったのです。
今年2月に初めて卵を産みました。
小指の爪サイズのちっちゃな卵です。


注:人間達は、ワケありじゃないですよ〜。念のため!
  
[PR]
d0165420_12234686.jpg
   我が家のお犬様 ビスコ君


d0165420_12293199.jpg
       キンカチョウ ヒヨちゃん


d0165420_14314827.jpg
   アメリカ帰りのオカメインコパロちゃん



以上が、我が家のワンぴよオールスターズです。皆様よろしくごひいきの程、お願いしま〜ス!
[PR]
●お醤油パロちゃん
アメリカドリのパロちゃんは、なぜかお醤油が大好き。ヒヨちゃんは、声の出演です。
[PR]